脱衣所に多くの貴重品を持ち込まないことが、スリに遭わないためのよい方法でしょう。

ストレス発散で出かける
New Entry
ストレス発散で出かける

脱衣所に貴重品を持ち込まない

人の油断をついて物を盗む人がいます。
それで、そのような悲しい経験をしないために貴重品をしっかりと管理する必要があります。
これには自宅の管理が含まれます。
自宅以外でも、管理が必要です。
これは旅行に行った時に特に当てはまるといえるでしょう。
国内旅行でも、海外旅行でもせっかくの楽しい時間がスリ被害で台無しにならないためには、貴重品の管理が欠かせないのです。
では、特にどのようなときに貴重品の管理を意識するべきでしょうか。
それは、お風呂に入りに行っている時です。
一般のホテルでは、大きな湯船のある大浴場があります。
それで脱衣所に洋服を脱いでお風呂に入ることになります。
この時に、貴重品を無防備な状態にしてはいけないのです。
旅先で楽しい気分になっている油断をつかれることになりかねません。
では、どのように身の回りの貴重品を守ったらいいのでしょうか。
まず基本的には、お風呂にたくさんの貴重品を持ち込まないことが必要です。
不必要な貴重品を持ち歩いていること自体が不用心といえます。
宿泊している部屋に置いてこられる貴重品は、部屋で保管しておくほうが安全といえるでしょう。
お風呂には最低限のものしか持ち込まないのが正しい自己防衛の方法といえます。

Copyright (C)2018ストレス発散で出かける.All rights reserved.