ホテルで朝ごはんを食べる前にも、温泉につかるための時間をとります。

ストレス発散で出かける
New Entry
ストレス発散で出かける

朝ごはんの前に

日本には古くから「湯治」という文化があります。
「湯治」とは何でしょうか。
これは温泉が出るお宿に国内旅行で出かけて、そこの温泉の薬効で体調を整えることを表します。
温泉には体の不調を解消してくれる力があるということはよく知られています。
湯治では、一カ所のお宿にある程度の期間泊まり込んで、集中的に温泉に入ります。
そのようにして温泉の薬効成分を十分に取り込もうとするのです。
しかし、現代では湯治のために十分に時間をとることが出来るは減りました。
それでも湯治の真似事をすることは出来ます。
どのようにするのでしょうか。
それは、温泉宿に泊まったときに、何度も何度も繰り返し温泉に入るための時間を作ることによってです。
では、いつ入ることが出来るでしょうか。
もちろんお宿に到着した当日に入ることが出来ます。
多くの国内旅行は一泊二日です。
それで宿泊する当日に温泉にたくさん入ることになります。
しかし、それ以外の時間にも入ることが出来るのです。
それは出発日当日の朝ごはんの前に入ることです。
そうすることで朝から、温泉の薬効成分を楽しむことが出来るのです。
また、朝から体を温めることで気持ちの良いスタートを味わうことが出来るのです。

Copyright (C)2018ストレス発散で出かける.All rights reserved.